タイトル

  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. NPO紹介記事 NPO法人グリーンバード静岡チーム(平成30年度高校生まちづくりスクール取材記事)

NPO紹介記事 NPO法人グリーンバード静岡チーム(平成30年度高校生まちづくりスクール取材記事)

これは静岡市が主催する「高校生まちづくりスクール」の一環で、まちづくり活動の様子を取材した記事です。私は環境保全のために活動を行う団体に興味があり、NPO法人グリーンバード静岡チームの活動に実際に参加させていただき、お話を伺ってきたものをこの記事にまとめました。

高校生まちづくりスクール(わかもの記者コース)

高校生まちづくりスクール」(わかもの記者コース)は、地域に興味をもつ高校生が、市民活動に触れる・体験するきっかけを生み出す講座です。
参加した高校生は、自分の興味のある市民活動を調べ、取材しました。高校生の目線で調べたこと・感じたことが掲載されておりますので、ぜひご一読ください!
なお、記事内容については各取材先にご確認いただいておりますが、文章表現についてはなるべく原文を尊重しております。(静岡市子ども未来局青少年育成課)

ゴミ拾いで広がる輪

NPO法人グリーンバードの活動は今年の6月で16年目(静岡チームは10年目)に入ったそうです。グリーンバードは全国に「チーム」があり、静岡チームも毎月2回、街中での定例清掃や月1回の海岸掃除などの活動を行ってきたそうです。今回は参加者の方やスタッフの方からお話を聞かせてもらいました。参加者の年齢層は大学生から高齢の方までと幅広かったです。活動に継続して参加されている方も多く、長い方は8年前から活動に参加していました。ゴミ拾いをしながらコミュニケーションも楽しんでいて、プライベートで会うほど仲良くなったそうです。皆さんの参加しようと思ったきっかけとして、ただゴミ拾いをするのではなく、人との関わりを作りたかったという人が多かったです。中にはこの活動で結婚相手に出会った方もいて、良い人間関係がつくれる場だと話していました。外に出るきっかけや、町をきれいにするためなど、理由は様々でした。しかし、どの方もこの活動を通して多くの人と交流でき、人間関係が広がると語っていました。

キレイな町を目指して

16年目を迎えたNPO法人グリーンバードの活動は、静岡チームでは基本10人前後で行っているそうです。しかし場所によって人数は大きく変わるようなので、もっと多くの方に活動に参加していただきたいと話していました。現在、ゴミの受け入れ先がないということに困っているそうです(※)。事前申し込みが不要ということで参加しやすいという良い点はありますが、まだ解決しなくてはいけない問題もあるようです。(※10月に受け入れ先が決まりました)

活動を通じて

和やかな空気の中で楽しく行われている活動で、スタッフの方々には参加者がこのように楽しく活動することにやりがいを感じていました。申し込み不要なので、どれくらいの参加者が来るか予想するのも楽しみの一つだそうです。自分の意志でできる範囲で行えるというのも、この活動に長年参加し続ける人がいる大きな理由でした。

取材の感想

私は、始めこの団体を調べている段階では、掲げているコンセプトや過去の記録から「掃除への意識が高い」というイメージを持ちました。しかし、実際に活動に参加する方々の話を聞いてこの清掃活動は全然堅苦しいものではなく、楽しく気軽に参加できる活動ということがわかりました。参加している方々も活動に対して面倒くさいという意識はないそうで、楽しそうでした。このような場で長く付き合っていくような良い関係も作れるということがわかり、私の世界は広がったと思います。普段行かないような活動に参加することは少し不安でしたが、参加者の皆さん、スタッフの方々は優しい人ばかりで、短い時間だったもののいい経験になりました。

リンク

NPO法人グリーンバード静岡チーム

静岡市子ども未来局青少年育成課

静岡市子ども未来局青少年育成課

更新日: 2018/11/30 () 10:37

  • Line 80
静岡市をもっと暮らしやすく、理想の都市にするために
あなたもまちづくりに参加してみませんか。
まちづくりには様々な参加方法があります。
興味があること、得意なことから探してみてください!
イベントに参加 地図で検索 写真投稿 活動団体を探す・
連絡する