タイトル

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. チーム彩
活動団体 organization

チーム彩チームイロドリ

発達障害の子を育てている家族のコミュニティです。2022年度は、『凸凹っ子家族のおはなし会』を年4回、造形ワークショップ『いっしょに成長しようね!はっぱのフロッタージュ』を開催していきます。
事業の目的は、発達凸凹っ子を育てている母親の慢性的なストレスの解消と、ワンオペ育児の軽減です。
発達障害の当事者と家族、またサポーターのトライアングルで、垣根のないコミュニティを目指して活動しています。

 この団体のお知らせを受信する 登録:2018/03/06 最終更新:2022/04/11
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
チーム彩(チームイロドリ)
団体の概要
自閉症児を育てて来た母親が、団体の代表を務めています。『おはなし会』では、未就学児、小学生の母親が主に参加しています。ボランティアも、発達障害の子とその家族に寄り添いながら一緒に垣根のない社会を目指して活動しています。
代表者名
菊川 静枝(キクガワ シズエ)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
090-9176-0125
午後6時から午後8時まで。
ホームページ・URL
団体ホーム ブログ 代表者

団体の活動情報

団体の活動・業務
20222年度の活動『凸凹っ子家族のおはなし会』を年4回開催します。
第1回は5月11日(水)に、静岡市番町市民活動センターにて開催します。
ワンオペ育児状態の母親が参加しています。参加者相互の交流を深めています。
ひとりで悩みを抱えている親御さんの気持ちの解放と情報交換のコミュニティです。
また造形ワークショップ『いっしょに成長しようね!はっぱのフロッタージュ』を企画します。
第1回は6月19日(日)ひかり市民センター(葵区古庄)にて開催します。
現在特に力を入れていること
発達障害の子を育てている親御さんが、地域の中で孤立しないように、居場所作りを目的にした活動を継続中です。
今後の活動の方向性・ビジョン
静岡の街に発達障害の子を、理解して支援してくれる市民を増やして行きたいです。
他の団体や支援者と共助の輪を広げて行く活動を目指しています。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2017年06月
設立以来の主な活動実績

静岡県社会福祉協議会 ふれあい基金事業
凸凹っ子家族のおはなし会〜最初の一歩〜

2018年03月
他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との協働研究・協働の実績

凸凹っ子家族のおはなし会〜番外編〜講演会
『支援するにもされるにも大切なものって何だろう』

2018年06月
他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との協働研究・協働の実績

静岡市番町市民活動センター主催イベント
番町見学会出展

2018年06月
設立以来の主な活動実績

キリン福祉財団 地域のちから応援事業
『凸凹っ子家族と支援者のそうだん会』Vol.1

イベント情報 event
 過去のイベント
ボランティア情報 information
 もっと見る

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
 この団体のお知らせを受信する
活動団体を探す search
静岡市をもっと暮らしやすく、理想の都市にするために
あなたもまちづくりに参加してみませんか。
まちづくりには様々な参加方法があります。
興味があること、得意なことから探してみてください!
イベントに参加 地図で検索 写真投稿 活動団体を探す・
連絡する
オープンデータを
利用する