タイトル

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. CAPきらきら
活動団体 organization

CAPきらきらキャップキラキラ

子どもの人権が尊重され、子どもへの暴力のない社会を目指す。CAPプログラムを実施し、いじめ・誘拐・虐待・性暴力などあらゆる暴力から子ども自身が自分を守れるようにする。子ども対象:CAP子どもワークショップ(クラス単位90分)おとな対象:CAPおとなワークショップ(教職員・保護者・地域対象:人数制限なし2時間)
現在は人員の都合により、おとなワークショップのみ実施しています。

 この団体のお知らせを受信する 登録:2018/03/06 最終更新:2018/09/28
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
CAPきらきら(キャップキラキラ)
団体の概要
2001年4月設立。
NPO法人CAPセンター・JAPAN登録団体(静岡CAP連絡会所属)
代表者名
杉山 由利子(スギヤマ ユリコ)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
054-347-7199
FAX
054-347-7199
ホームページ・URL
関連サイト

団体の活動情報

団体の活動・業務
CAPとは、Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとって「キャップ」と呼んでいます。

いじめや誘拐・虐待・性被害など子どもがあうかもしれないあらゆる暴力〈心とからだを傷つけること〉から子どもが自分を守るために何ができるかを伝える予防教育プログラムです。

子どもに実施する「CAP子どもワークショップ」は、事前に必ず教職員ワークショップと保護者ワークショップを実施することになっています。
おとなに実施する「CAPおとなワークショップ」は、単独で実施できます。

CAPワークショップは、NPO法人CAPセンター・JAPAN認定CAPスペシャリストにより実施されます。
現在特に力を入れていること
人員が減少し、活動継続が難しくなっています。 いじめ・虐待・体罰・知っている人からの性被害・連れ去りなど、子どもへの暴力に関する報道は後を絶たず、少しでもその状況を打開したいのに、もどかしい思いです。予防や再発防止のために、CAPプログラムが活用されるよう、新しいメンバーが加わり活動が継続できることを願っています。
今後の活動の方向性・ビジョン
PTAや保護者会、子育て支援に関わる団体などで、おとなワークショップができることを望んでいます。
子どもの周りのおとなが正しい知識とスキルを持って子どもを支援し、子どもたちが安心して自分らしくいられる環境になることを望んでいます。

NPO法人CAPセンター・JAPAN主催の「子どもへの暴力防止のための基礎講座」〜地域で子どもを支える人たちのための連続3日間の講座〜 の受講をお勧めします。
(2018/12/7㈮8㈯9㈰東京)
ちらしあります。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する
イベント情報 event
 もっと見る

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
 この団体のお知らせを受信する
活動団体を探す search
静岡市をもっと暮らしやすく、理想の都市にするために
あなたもまちづくりに参加してみませんか。
まちづくりには様々な参加方法があります。
興味があること、得意なことから探してみてください!
イベントに参加 地図で検索 写真投稿 活動団体を探す・
連絡する